目立ついぼをカンタン除去|まずはカウンセリングを受けよう

肌を治療する

ナース

費用が安く済む治療法

いぼが体にできると、見た目がとても気になります。特に顔や手足といった人目につきやすい場所だとなおさらです。除去するためにはさまざまな方法があります。一般的なのは液体窒素療法です。これは約マイナス200度の液体を綿棒に浸し、患部に塗っていく治療法です。液体窒素で急激に冷凍することで、原因になっているウイルスがいる皮膚の細胞を破壊して取り除いていきます。液体窒素を塗った部分は後にかさぶたとなって、体から剥がれ落ちていきます。そのあと2週間くらいかけて新しい皮膚に生まれ変わります。次にヨクイニンを使った治療です。これはハトムギから作られる漢方薬の成分です。ハトムギはお茶として飲まれることが多く、安全性が高い食品です。そのためヨクイニンも安全な薬なので、誰でも安心して飲めます。これを摂取し続けると体の免疫力が高まり、いぼが取れることがあります。病院では液体窒素やレーザーを使った治療などと併用して内服していきます。もう一つの治療は炭酸ガスレーザーです。これは炭酸ガスレーザーをあてることでいぼを取り除く方法です。液体窒素では取れないものに対して行うこともできます。この治療法の大きな特徴は、治療後の見た目がきれいなことです。炎症が目立たないため、顔や首といった見た目が気になる部分によく使用されます。ミリ単位の小さな箇所にレーザーを当てられるため、治療後の炎症などがほとんど目立ちません。また大量にできた小さないぼの治療に合っているので、首や胸などに大量にできたいぼに使われる方法です。液体窒素療法には健康保険が適用されます。金額は治療するいぼの数によって変わってきます。健康保険が3割負担の場合、いぼが10個未満であれば750円ほどです。もし10個以上を一度に治療するなら4000円前後かかります。たくさん取りたいときには、一度に10個未満の治療を行いそれを複数回通うこともできます。これによりさらに治療費をかけずに済みます。このように液体窒素は費用が安く、多くの病院でされてい一般的な治療法です。かかる時間も一回に5分ほどと短くて済むので、手軽にできる治療法と言えます。ヨクイニンもほとんどの場合が保険適用になります。1ヶ月分の量で、費用はおよそ500円から1000円ほどと安価です。ヨクイニンだけですぐにいぼが取れるわけではありませんが、他の治療法と合わせて服用していきます。ヨクイニンは東洋医学では体の中から膿を出す効果があると言われています。また最近では美肌効果があるとの研究結果も出ています。継続してヨクイニンを服用することでいぼへの効果が期待できると言えます。また飲みやすい内服薬で、年齢に関係なく安全に服用できると評判です。炭酸ガスレーザーには原則的に保険が適用されないため、それぞれの病院による自由診療となっています。1ミリほどのいぼだと、治療費は一つにつき2000円から5000円ほどが相場です。他の治療法よりは費用がかかりますが、その分治療後の仕上がりがとてもきれいです。治療時間も短くて済み、一回の治療で完治するケースが多いため人気があります。レーザーを当てた部分には跡が残りにくく、きれいな肌を保てます。

Back to Top