審美歯科を受診する

歯のレントゲン

昔から歯の治療が必要な症状といえば虫歯が思い浮かびます。一口に虫歯といっても、症状の進行によってC0からC4の5段階に分かれます。
C0は歯に穴が開く前の初期虫歯です。普段の歯磨きで対策ができます。
C1は歯の表面のエナメル質に穴が開いた状態です。C2はエナメル質の内側の象牙質まで、穴が開いている状態です。
C1C2とも詰め物を施し、患部の症状を抑えます。C3は象牙質の下の歯髄にまで虫歯が達した状態です。
歯髄が炎症を起こし、耐えられない痛みがあります。C4は歯髄が壊死し神経まで破壊された状態です。
神経が破壊されているため痛みはあまり感じませんが、血管を通って臓器にまで侵食が進みます。歯の治療は不可能ですので、対象の歯を抜歯して他の部位への進行を防ぎます。

機械技術が日々進歩しているのと同様、歯科医療も進歩しています。
大きくは麻酔を使った治療法と、薬剤を使った治療法です。
麻酔による施術は昔からありましたが、局所麻酔が発達したおかげで虫歯がかなり進行したC3段階でも手術による痛みはほとんどありません。
また、入院することなく日帰りで手術が終わるケースもあります。
また、薬剤を使った治療法は、抗生物質と抗菌剤を混ぜた薬を患部に詰めることで虫歯菌を殺し虫歯を治す方法です。
この方法であれば、歯を削ることなく処置することができます。
メリットとして、歯の神経を損なわないこと、副作用がないことがあります。
薬剤を使った治療法はまだ一般的ではなく、行っている治療院も限られます。