目立ついぼをカンタン除去|まずはカウンセリングを受けよう

レーザー治療や外用薬

婦人

液体窒素による治療を行う

30代、40代ぐらいの年齢になると、目元や首、胸元などにいぼが出来やすくなります。強い紫外線を受けることや、衣類などの摩擦、加齢なども原因になります。ウイルスが原因で出来るいぼの場合は、自分で切除すると他の皮膚に感染する可能性があるので、絶対に避けて下さい。直径が2?から、3?前後の小さいいぼが複数できることが多いですが、5?以上の大きなイボができる可能性があります。直径が小さい場合は、ハト麦や杏エキスなどが含まれている化粧品をお肌になじませることで、目立たなくすることが可能です。直径が5?以上ある場合は、自宅のお手入れだけでは改善が難しいので、皮膚科や美容皮膚科で診察を受けることが大事です。皮膚科や美容皮膚科では、液体窒素やレーザーによる治療が受けられます。液体窒素の治療の場合は、マイナス190度ぐらいの液体を綿棒に付けて、患部に塗ることで、いぼを目立たなくする効果があります。地元で評判の高い皮膚科や美容皮膚科を選ぶと、痛みをほとんど感じずに安全性の高い治療が受けられます。液体窒素のよる治療を受けると、患部が黒っぽくなる場合がありますが、数日が経過するとかさぶたになるので、安心して下さい。サリチル酸などが含まれている外用薬を処方される場合があります。皮膚の盛り上がっている部分に、塗り薬を適量塗っておくことで、皮膚の角質を柔らかくして、皮膚の新陳代謝を促進する働きがあります。30代以降の中高年に見られることが多いですが、体質が遺伝している場合は、20代の若い人にも見られる場合があります。イボは皮膚が盛り上がっていたり、突起のように見えたりするので、顔や首、胸元などの目立つ部分にあると気になってしまいます。きれいな素肌の人に比べると、年齢よりも老けた印象を与えてしまうので、皮膚科や美容皮膚科に通院することが大事です。比較的小さいイボの場合は、サリチル酸などが含まれている外用薬を根気よく続けることで、改善が期待できます。外用薬を続けていると、皮膚の角質が柔らかくなってくるので、皮膚のターンオーバーが促進されて、少しずつ目立たなくなってきます。ウイルス性の場合は、ウイルスが原因で健康な皮膚にも広がってしまう可能性があります。いぼが増えてしまい悩んでいる人は、美容皮膚科や皮膚科で診察をしてもらいましょう。良性のいぼの場合は、液体窒素やレーザー治療などが有効です。レーザー治療は大変ポピュラーになっており、安全性に優れており、健康な皮膚にはダメージがほとんどなく、イボの目立つ部分だけを照射できます。一人一人の皮膚の形状に合った治療法を提案してくれるので、安心して通院ができます。いぼの直径が5?以上の場合は、外科手術による切除も可能になっています。加齢や紫外線が原因の場合と、ウイルスの場合では最適な治療法が違ってくるので、まずは医師に診断をしてもらうと良いでしょう。地元で評判の高い皮膚科や美容皮膚科を選ぶと、最新の医療設備が整っており、衛生的な環境で施術が受けられるので安心して通院ができます。お肌の悩みを持たれている人は、完全個室で診察が受けられるので、医師に相談して下さい。

Back to Top